派遣のデメリット

次に派遣のデメリットとしてはどのようなものがあるのでしょうか。

○一定期間の雇用
派遣社員としての大きな特徴である有期雇用契約は、契約期間が満了すると、一旦そこでの労働も終了となることです。
もちろん、契約の更新もありますが、その事をしっかり認識しておく必要があるでしょう。

○派遣先企業の都合
あなたの都合にある程度合わせられる人材派遣ですが、やはり派遣先企業の都合によって、その選択肢は狭められてきます。
ですので、ある程度は、その条件に従うような、柔軟な対応も必要になってきます。

○給与以外の報酬がない
正社員と違い、派遣社員はボーナスなどの賞与の支給は基本的にありません。
ただし、賞与というのは、会社の業績により、また、個人の業績により、支払われる手当なので、正社員でもボーナスが出ないところもあるということを理解しなければなりません。

○基本は時間給
派遣社員は、基本的には時給または日給といった形の労働条件となっています。
その実労働時間に応じて給与が支給されますので、病気やケガで休んだ場合、その保証がないということになります。

このようにデメリットもある派遣社員ですが、この低成長の時代では、正社員として採用する企業が限られている状況を考えると、デメリットもしっかりと認識し、次のステップアップや、スキルアップのためと考え、しっかりと実力を付けていくことが、とても重要になってきています。
その実力を付けることで、派遣先企業へも重要な人材として認知され、正社員への道も拓けてくるでしょう。

    お薦めWEBインフォメーション

  • 独自のwebサイトを使った情報の提供をしてくれるC言語案件を紹介してくれる会社なら、常に最新の案件情報が表示されて、効率よく自分にあった案件を探すことが出来るのでオススメです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 求人まるごとナレッジ・派遣編 All Rights Reserved.