派遣の仕事とは

日本経済の低迷等により、人材派遣が増えています。
それでは派遣の仕事とはどのようなものでしょうか?
派遣とは労働者派遣と呼ばれ、雇用形態の一つになります。
今までの正社員やアルバイト、パートなどとは異なる雇用形態になる労働体系です。
この、労働派遣という仕組みは派遣会社、派遣社員、派遣先企業という、3つの要因から成り立ちます。
まず、自分が働きたい職種などを選び、派遣会社へ登録、雇用契約を結びます。
派遣会社は登録された派遣社員の希望する職種の企業へ派遣社員の求人を依頼し、そういった企業から雇用の応募があります。
派遣会社はその応募があった企業に対し、派遣社員として人材派遣を行い、派遣社員は、その企業で勤務する形となります。
派遣社員は派遣企業の社員となるので、給与は派遣会社からの支給となります。
実際の業務に対するアドバイスや指示は、派遣先企業から直接受けることになります。
派遣先企業での勤務内容に関する相談は、派遣先企業と相談、打ち合わせをすることになり、労働時間や給与に関するものは、派遣会社との交渉になるのです。
また、派遣先企業は、派遣会社へ契約内容に基づいた、派遣代金を支払います。
以上のような内容が、基本的な人材派遣の仕組みとなります。
前述したように、自分の特徴を労働に活かしたい派遣社員と、即戦力としての労働力を求める企業側の要求を満たす働きが派遣会社としての役割になるのです。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 求人まるごとナレッジ・派遣編 All Rights Reserved.